夏至(げし)

今日は夏至(げし)

1年中で一番昼の長い日ですね。

今年もはや半年が過ぎました。

明日からは少しずつ昼の長さが短くなります

実はこのことが秋咲きの花を楽しむために
とても重要な要素なんです。

 

キクやコスモス、アサガオなど
夏以降に花を咲かせる植物には
1日のうちの夜の長さが長くなることが
引き金になって花を咲かせる性質があります。

こういう性質を持つ植物を短日植物と言います。

反対に日が長くなると花が咲くものを
長日植物と言います。

春に花が咲くカーネーションやアヤメなどです。

短日植物は昼の長さが短くなるというよりも
暗い夜の長さが一定以上の時間になることが重要です。

なので都会で夜中に街灯が明々と点いている場所では
花芽がつかないこともあります。

また、夜の間に明かりをつけたりすることによっても
影響されるようです。

夜はずっと暗い状態を保つことが必要です。

もしキクやアサガオなどを育てておられる方
置き場所の夜の明るさに注意してください。

いつまでも明かりのついているお部屋の近くや
街燈の近くだと
茎や葉がしっかり育っているのに
花が咲かないということになりかねません。

この性質を利用して
キクの開花時期を本来の秋から
1年中で一番需要の多い年末にずらせて
出荷できるように栽培する技術が
電照菊です。

植物の性質をうまく利用して
お花を楽しみましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top