月: 2021年8月

花で世界をめぐる③

盆のお墓参りに欠かせないのが菊の花

お葬式や慰霊祭の祭壇を飾る花としても

必ず使われ

お悔やみ事には欠くことのできない花です

昔から身近にあるキクですが

最近は品種改良により

キクにも非常にたくさんの品種ができ

その産地も国際的になっているんです

この時期の肥料やりについて

季節の変化を示す

七十二候(しちじゅうにこう)によると

今日8月28日は

天地始粛(てんちはじめてさむし)とあります

天地の暑さがようやくおさまり始める頃

と言う意味です

夏の暑さに疲れたあなたのお家の植物たちに

元気づけるために肥料を与えようと

思っているあなた

ちょっと待ってください

品種によっては

今シーズン花が見られなくなるので

注意しましょう

花で世界を巡る②

お祝い事プレゼントに書くことのできないバラ

広島市場に一番たくさん入荷しているのは地元産

でもそれだけではありません

現在では物流の発達のおかげで

アジア、アフリカ、中南米からも入荷しているんです

処暑(しょしょ)

暦では
「厳しい暑さが峠を越し
穀物が実り始める始める頃」

という表現がされています

今日から27日ごろまでの初候は
「綿柎開(わたのはなしべひらく)と表現されています

Scroll to Top