もうすぐお彼岸

すっかり春らしくなってきました。

今年の冬は寒かったので暖かい日が続くと
気分がウキウキしてきます。

週末18日(金)はお彼岸の入りです

「暑さ寒さも彼岸まで。」と言われているように
いよいよ春本番です。

お彼岸といえばお墓参り。

皆さんはお墓参りされますか?

お墓参りに欠かせないのがお花。

でもなぜ御仏前にお花を飾るようになったのでしょう?

花は厳しい大自然に耐えてゆっくり咲き誇り
咲いた後も必死に風雨に耐えて
その美しい姿を保ちます。

その姿が厳しい修行に耐え精進するという
仏教の教えに重なる部分があるので
花をお供えするんだそうです。

故人のお好きだった花や季節の花などを
色々考えて選んでお供えすることにより
死者の冥福を祈る気持ちを示すことができます

また、お供えしている人自身にも
穏やかな気持ちをもたらせてくれます

綺麗な花や好みの花を飾ることで
故人の苦しみを少しでも癒せられると
考えられています。

忙しい毎日を送られているあなた

お彼岸の期間は7日間あります

その期間のどこかで
ご先祖のご供養をされませんか。

ご供養の功徳できっと良いことが起こるはずです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top