お花の楽しみ方②

花鳥風月と言う言葉があります

美しい自然の風景や

それを重んじる風流を意味する

4文字熟語です

その言葉の先頭に来るのが花

その花を美しいと感じるには

どういう心構えが必要なのでしょうか?

 

花を見る目には2つの見方があります

①目に見えないもの

例えばススキを見たとき
 秋の風景を連想し季節を感じる人

 故郷の風景を連想し懐かしさを感じる人

人それぞれ感じ方が違います

それはススキを

「かたちあるもの」として見ないで

心の目で花と語り合い

「目に見えないもの」を見ているからです

②実に見えるもの

ヒマワリを見て

 茎の「線」

 葉の「大きな点」

など造形的な特徴を見る目です

生け花ではこの特徴を

「線、めん、点、マッス(量塊)」の

4つの要素に分けます

この4つの要素の使い方で

表現したいイメージが作り出せるんです。

今回お話しした2つの目をもった

お花の楽しみ方を

これから少しずつお伝えしたいと思います

あなたの花への見方が変わってくるはずです

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top